進撃の漬物師つ~ちゃんのめきめき携帯動画

アニメ動画ランキング
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ミクロネシア
2.マリア
3.Martin Margiela
4.視力
5.小西真奈美
6.人生は上々だ
7.ロビーとケロビー
8.Radiohead
9.待ち受け
10.和田慎二

洋楽ランキング
ごくせん THE MOVIE オフィシャル PHOTO BOOK (タレント・映画写真集) 仲間さんが主演なんだから、もう少しインタビューのページを多くしてほしかった。
師弟対談は良かった

5×10 All the BEST! CLIPS 1999-2009 [DVD] 5人の声の判別がまだできない頃、このクリップ集で完璧に判別できるようになりました。
そして、一般的には「嵐の中で一番目立たない人」な大野さんが、実は嵐の声の軸で、嵐のパフォーマンスの軸であることも、はっきりわかりました。
なんていうか、失礼ながら、嵐の中で1人だけ次元がちがう…
リーダーの実力がわかりすぎちゃう逸品です。

じゃじゃ馬ならし シェイクスピア全集 〔7〕 白水Uブックス 居酒屋で泥酔して熟睡している鋳掛屋クリストファー・スライ。
そこへ領主が家来を連れて現れて彼をからかうことを思いつく。
スライが目覚めれば、音楽が鳴り、甘い香水の匂いに包まれ、
領主とその家来達が「お殿様」と恭しくかしずき、美しい奥方に
女装した小姓が「わが殿」と甘くささやく。

家来が語る「十五年間の眠りから覚めた殿様」というフィクションに
幻惑されたスライは、領主おかかえの役者達が演ずる愉快な喜劇を
観覧することになります。それが『じゃじゃ馬ならし』なのです。

この喜劇はスライが、ペトルーチオのキャタリーナ教育を見る、
という二重構造なのですが、スライが第一幕第一場で再登場した後、
最後まで出てこないこともあってか、彼のエピソードは上演では
カットされてしまうことが多いのです。

「自分は本来殿様で、美しい妻・従順な家来たちがいる男だ」
というフィクションに惑わされる、というエピソードは、
「妻は夫に従うべき」という劇中劇『じゃじゃ馬ならし』の
ちょっと危険なテーマとのバランスを保っているような気もします。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
アイドル画像ランク

today:001 yesterday:014
TOTAL:7000
Ads by Sitemix