渚の提督くまくんのばっちり部屋

ギャルランキング
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.今官一
2.アロマランプ
3.森見登美彦
4.自然光
5.阿部力
6.あぎじゅんこ
7.ドラゴンハーフ
8.ワールドイズマイン
9.篠原りか
10.ルンルン

ゲーム動画ランキング
日向泉 やわ肌エトセトラ [DVD] 愛くるしい笑顔と透き通る美白肌は、
今作も全開です。

チャプター2のビーチで水色ビキニを着て、
均整がとれた肉体をビンビン揺らすところが
個人的には一番好きでした。

ファースト、セカンドと全て見ていますが、
いっしょに居たらリラックス出来るような
愛くるしい笑顔が、彼女の魅力だと思います。

プラトーン (特別編) [DVD] この映画はベトナム戦争映画の最高峰の一つと個人的に思う

志願兵としてお坊ちゃんのクリスが配属され、その視点で語られるの
ですが、「志願」てのがミソだとまず思った。
「自己実現」の場としての戦争。
それはオチこぼれの社会不適合者、自分の道が定まってないフリーターやニート、アダルトチルドレン
将来や社会に不安を覚える我々と同じ目線にも置き換えられる。

「世の中のためになること、それが自分の夢」
その理想と現実の間で
引き裂かれそうになるその葛藤が実にリアルなんです。
それは、同じ部隊のバーンズとエリアスという
二人の軍曹の反目に象徴されていて
そのことがアイデンティティとは自己実現とは何か
もちろん「正義」とは何か
普遍的、哲学的な問いかけがなされます

それは正に「見えない敵」!
一体何と戦ってるのかわからないという恐怖。

同胞にも疑惑と憎悪のめがむけられ、人間性の喪失という自分自身との戦い
大なり小なり、我々が生きてる上でも常に直面してる問題だ。

強烈な現実の前に
破綻しそうになる
「自己実現」という夢

その究極の姿がこの「戦争」であり、その理想が破綻したとき
それは容易に「犯罪」に変異するという警告を
オリヴァー・ストーン監督は投げかけてるんじゃないか
”殺人”という名の「犯罪」に

敵かどうかもわからない民間人を
殺害、暴行、レイプするシーンはそういう意味で強烈に印象に
残ってます
平和ボケした我々もまた<強烈な現実>を目の当たりにしたとき
そうした狂気とは無縁では決してない、ということ

生きるということは、そうした自分自身との戦いの連続であって
いくら目をそらそうとしても逃れられない
そのことが、劇中何度も流れる美しい
バーバー作曲:弦楽のためのアダージョ
の旋律にも似て切ない

けずり武士(1) (アクションコミックス) 貧乏な食い詰め浪人が、一癖ある謎の美女に仕事を依頼され、悪を打ちながら消耗し、削られた心身を美味い飯で癒やす…。

飄々としていながら腕が立ち、食にこだわりながら世相や時代に時に悩む主人公の活躍も中々痛快ですが、食事の場面や食べ物の描写がしっかりと描かれている漫画や小説は、作者の力量を示し、日常がしっかりと描かれている、という意味で外れがない、というのが個人的な意見としてあります。

その談によれば、この作品は江戸時代が舞台なので御馳走やグルメとは程遠いですが、素朴だが美味そうな食べ物、食事がよく描かれています。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
アニメ動画ランキング

today:003 yesterday:008
TOTAL:8378
Ads by Sitemix